2010年06月04日

週末ワークキャンプと夏能

みなさん、お元気ですかかわいい
6月に入りました。一年でいうと半分が来ましたね目  謹賀新年から半年も過ぎちゃいました遊園地
6月末には、神社で半年の厄を落とすのに「大払い」という行事があります。

みなさんは、半年間でどんなことがありましたか?

いいこともわーい(嬉しい顔)悪いこともがく〜(落胆した顔)楽しいことも揺れるハートつらいこともふらふら赤目の森に来てワークして汗かいてリフレッシュしませんか?赤目式厄払いです〜NEWわーい(嬉しい顔)
 
3月は、赤目では三つの行事があり、大賑わいでした手(パー)
週末ワークキャンプでは、椎茸の菌打ち10000発です(笑)グッド(上向き矢印)今年度もやります手(チョキ)やります手(グー)
青年里山フォーラム実行委員長のまゆちゃん手(チョキ)とかつをるんるんが大活躍!!ゴンちゃんドコモ提供、ヒロポン眼鏡も地道にガッツで手(グー)二日間頑張りましたよ〜ハートたち(複数ハート)
なんといってもサプライズお楽しみ企画が、二月堂のお水取りと奈良の飛鳥村の小さな博物館に縄文時代の栗の木の群生化石の見学です車(セダン)
国際ワークキャンプも福ちゃんリーダーで青年里山フォーラムのスタッフとしてメンバーが頑張って縁の下のことを明るくこなしていたのが印象的です。

次回リーダー立候補がいるなんて頼もしい!!楽しみにしています〜モータースポーツ
 
さて、第二回青年里山フォーラムも参加者の出会いと学びの多い充実したものとなり、無事終了いたしました。
実行委員長の浅井麻結さん、お疲れ様でした喫茶店終わるまでの道のりは、色々ありましたね足
そして、フォーラムを支えたみなさんの力は、凄いですよ手(グー)
結集されて出会った仲間の中でつながりができていったのもみなさんの熱い思いと行動が形となったのですね。みなさんキラキラして素敵でしたよぴかぴか(新しい)
 
さてさて、今年度は、もうすっかり始まっているのですが、名張市からの受託事業も決まりました手(パー)
会員様には、里山だより、定期総会の議案書が送られてきたと思いますmail to
本年度も事業の開催にあたって、皆様のご協力をお願い致しますキスマーク
 
まだ、赤目の里山を育てる会の会員になっていない方は、是非是非、ご入会くださいませ。
 
本年度の事業、年間週末ワークキャンプと夏能、ご入会に関して詳しいことはホームページにて
赤目の里山を育てる会

posted by 赤目の森 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年08月22日

【名張組み頑張った!】第一回里山青年週末ワークと山岡ゼミ

みなさん、こんばんはやや欠け月
赤目の森のカオリンです黒ハート 
夜になると虫の音が聞こえてきて随分涼しくなりましたが、日中は残暑厳しい日が続いています。インフルエンザもこの暑い中、ウイルスに感染する人もいて、寒い乾燥する時期に流行するものと思っていたので、あまりピンときませんね。でも、手洗いうがいをしてみなさんも気をつけて下さいね猫
さて、お盆も過ぎて、8月も後半に入りましたが、みなさんは、素敵な夏休みは過ごせたかな手(チョキ)
お盆前の週末、8月7、8,9日に山岡ゼミと名張市公益受託事業の一つ「里山青年週末ワークキャンプ第一回」が行われました。DSCF1845.JPG

DSCF1846.JPGDSCF1847.JPG
7日からゼミ入りした大学生と8、9日から始まった「里山青年週末ワークキャンプ」の参加者が一緒になって里山でワークしてくれました。

DSCF1853.JPG
ハニーロード付近の柴刈り、新しいチッパーチョッパーの機械の説明を受けて、機械を稼働し、ペレット作りなどみんなで一緒に汗流しました。
「里山青年週末ワークキャンプ」では、関東から松本類志くんが来てくれてリーダーを務めてくれ、名張組みのスタッフとして、赤目の森デイサービスの職員、片山綾ちゃん中心に榊千代ちゃん、りえちゃん、テンちゃん、かずくんが、頑張ってくれましたよ〜手(グー)静岡から喜多川くん、名古屋からかつをもスタッフとして活躍してくれました〜ぴかぴか(新しい)
なんと!かつをが、カワイイ〜リボンワカメちゃんカットになり、厨房で大活躍!!たくましくなったワカメちゃん・・・いやいや、かつをに目を見張りました〜目ぴかぴか(新しい)喜多川くんも何度赤目に足を運んでくれているか・・・くつ本当に若いみなさんが集まってきてくれる「赤目の森」はステキですね黒ハート
法政大学の教授、山岡先生も第二回スキルアップ講座の講師として9日の午後1:30〜3:30までお話していただきました。
この機会に「赤目の森」にまた訪れたいという参加者もいて、熱い赤目の森も9月にはいれば、国際ワークキャンプが始まり、第二回里山青年週末ワークキャンプが行われます。
名張組みのみんな、頑張れ〜揺れるハート
9月もイベント満載の赤目の森・・・。あなたも、初秋の赤目の森に足を運んでみませんか?

posted by 赤目の森 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年05月07日

春の里山散策 2009.05.05

みなさん初めまして。かつを、と申します。昨年の夏の国際ワークキャンプに参加してからちょくちょく赤目の森に出入りしているものです(・∀・)るんるんこれから私もこちらのブログで赤目の森の様子を書かしていただきます☆よろしくお願いしま~す手(グー)
さてさて、5月5日こどもの日に赤目の森では「春の里山散策」が行われました。
里山を散策し、昼食に山菜の天ぷらとたけのこご飯を食べようという企画でした。

が!!!!!!!!!
あいにくの雨!!!!!!!!!
で!!!!!!!!!!!
参加者…、、、、、、、ゼロがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
実際は1人いましたが、一般の方はゼロでした。
それでも赤目に来ていたみんなと、平原さんの6人は吉田さんの案内で里山散策を敢行しました。
 090505_1033~0001.jpg
 足場の悪いなか2時間ほど歩きました。
まず最初の発見↓↓
090505_1042~0001.jpg
 冬いちごがまだなっていました。(写真の赤いものです)
かつを、初めて見ました!!
これ、食べれるんですね(・∀・)
貴重ないちごを代表していただきました。
感想:無味。。。。
動物さんが食べ残すくらいなので、もういちごのみずみずしさすらありませんでした失恋 
残念です(;_;)
あ、みなさん御存じですか?
お正月の鏡餅と一緒に飾る
 090505_1049~0001.jpg
 こちらのしだの葉は一年に一対ずつしかできないそうです。
だからお正月に使われるんですね。
昔の人は、そういうことに気づいて使い始めたのでしょうか。
すてきですね(^-^)
宮山古墳の入り口で珍しいお花をみつけました。
090505_1059~0001.jpg
名前を忘れてしまった(せっかく教えてもらったのにごめんなさい!)のですが、色素がなくて
まるで幽霊のような不思議なお花でした。
春の里山はたくさんの命が芽吹いていてとてもおもしろかったです。
日ごろ山とご縁のないかつをは吉田さんの説明のおかげで楽しく歩くことができました♪
知らないとただ通り過ぎてしまう山道ですが、少しの知識をもって足元を見ながら歩くと
違う見方ができて楽しいんですねぴかぴか(新しい)
さて、今回の目的は昼食に食べるための食糧探しもかねていました。
食べ物にするどい嗅覚をもつ平原さんは、気がつくと山菜を見つけていました。
たとえば、スタート地点に行くために車に乗ったのですが、ちょっと止まった時に
「たらの芽」を発見。
同じ車中にいましたが、どこにあるかさっぱりわかりませんでした(・ω・)たらーっ(汗)
 山に入ってからも、次から次に見つけていました。
その俊敏な動きには一同驚きが隠せませんでした。
090505_1238~0001.jpg
平原さんを筆頭に取った山菜はエコリゾートに帰って天ぷらとしてさっそくいただきました。
どれもおいしかったですが、印象的だったのは藤の花かわいい
いい香りともちもちした食感でおいしかったです。
多種大量の天ぷらと筍ごはんと様々なおかずをいただき、
幸せを実感しました(-∀-)黒ハート
春の里山はおいしい!
 さのけんさんが言っていました。
そうです、
春の里山はうまいっっっ(>_<)ハートたち(複数ハート)
山で散策するって言っても、ひとりひとり違う見方がありようです。 
目で楽しんでもよし、食べてで楽しんでもよし、ただ山を感じて楽しんでもよし、
みなさんはどのように楽しみますか??
自分のもつ楽しみ方をみんなで共有すると
また違う楽しみが発見できるかもしれないですね☆
ぜひ、赤目の森に足を運んでみてください♪
以上、里山初心者かつをリポートでした。
posted by 赤目の森 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ