2007年07月31日

快晴

200707311139000.jpg赤目の森は快晴でした。

今日は早起きのNEKOです。
朝七時に赤目の森にいきました。赤目の朝は涼しいです。七時前に車から降り立った時、「さぶっ!」っと震えてしまうくらいでした。

お泊まりの団体の指導員の方も、「朝方寒くて、子どもにくっついて子どものぬくみをもらいました」と言ってらっしゃいました。

今日は午前中赤目ですごしましたが、涼しくて爽やかで気持ちよくすごせました。

お泊まりされた団体やファミリーグループのみなさんも、こんな爽やかな朝を迎えられて、良かったなと思います(⌒‐⌒)
posted by 赤目の森 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

コウダイ君の笑顔

mRMNK^.JPGみなさん こんにちわ 赤目の山おやじです。
今日の赤目は夏本番のいい天気です。湿度が低く、部屋の中にいたら快適な温度です。
さて、昨日から小学生以下の小さなお客様のお世話をしてきました。今日の朝 ばたばたと次の目的地に出発されましたが、子ども達の無垢な笑顔に勝るものはありませんね。
「おじちゃん お味噌汁のお替わりできる?」といって お椀を抱えて厨房に来る子をみて、しっかり日本人が育っていると思いました。赤目の森で出会った初めての食材には、参っても、美味しいお味噌汁の味がわかっていれば何と言うことはありません。
赤目の里山の取り組みの中で大きな視点は「原風景」ということです。これは、風景にとどまらず、例えば、味ということでもこの味を感じたらあの時のあの時間にタイムスリップできるというような味覚を子ども時代に「刷り込み」をしてあげたいということです。そういう体験全てが「原風景」に集約されるのだと思います。
前回は、コウダイ君の虫取りのお話でしたが、コウダイ君のお母さんからレスをいただきました。ありがとうございます。お味噌汁の子ども達の笑顔に匹敵するコウダイ君の笑顔をみなさんにお披露目したいと思います。
赤目の森のブログの書き手も私を含めて3人になりました。優秀な書き手がこれからもたくさん出てきますので、楽しみにご覧ください。
posted by 赤目の森 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月30日

おいしいご飯

明け方の雨で涼しい一日になって、嬉しかったNEKOです(=^・^=)
今日はディサービスでは豆腐ハンバーグのクッキングがあり、エコリゾートの方では、宿泊、大人6人子ども32人合計38人の団体のお客様と、2ファミリー8人グループのお客様があり、いろんなことがてんこもりあった一日でした。
で・・・いきなりですが・・・
赤目の森のご飯はほんとにおいしい!
今日の晩御飯、38人の団体さんは、そうめんかぼちゃの酢の物、ししとうとじゃこの炒め煮、絹さやのごまよごし、 メインは子供向けなコロッケなどの揚げ物、お味噌汁、ご飯。ファミリーさんはメインが焼き魚で小鍋つき。配膳しながら「た・・・食べたい・・・」と指をくわえるNEKOだったくらいです。
でも、子どもたちは、「食べるものがない」・・・と。
( ̄□ ̄;)!!なぜ?
`s(-'-;) うーん
ハンバーグやハンバーガーなどいわゆるファーストフード・ファミリーレストランにあるようなメニューになれてるんでしょうね。
でも、食わず嫌い・・・というんですか?
はじめてみる食材に抵抗感を持っちゃうんですね。
最初から、食べたことないから食べられない・・・ってなっちゃうみたいです。
それって、すごぉく残念でもったいなって思いました。
私自身が赤目の森に来て、初めて食べる食材がたくさんありました。
反省もあります。
家の献立がハンバーグとかシチュー、カレーなど、ファミリーレストラン的な献立になっちゃってるんですね。
 一日30品目とか、野菜をたくさん食べましょうとか、色んなところで聞くし思うけどなかなか実行できてませんでした。旬も関係なしに食材を使ってたし・・・(-_-;)
山おやじが、パパッと短時間で色んな旬の食材をおいしく調理しているのを見て本当にびっくりしましたもん。
色んな食材をおいしく食べる方法っていっぱいあるんだなぁって思いました。
そして、何より、地元の農家でとれたての旬の食材を食べることの楽しさを知りました。
トマトってこんなに甘かったんだぁ〜〜って思ったり、野菜のシャキシャキ感をめいっぱい味わったり。
実は今日の晩御飯のそうめんかぼちゃの酢の物やお味噌汁の味見をさせていただいちゃってます。
暑い夏に、シャキシャキさっぱりなそうめんかぼちゃ、味見でおさまらず、お持ち帰りに少しいただいて帰りました。
旬だからこそ、おいしい!
そして、おいしく料理しておいしくいただくことがても嬉しい!
そういったことを、子どもたちがなかなか経験できていないのだとしたら、とても残念です。
お母さんが「めっちゃ旨いから食べてみ〜〜」と子どもにすすめて、食べてみたらおいしかった(●⌒∇⌒●) っていう子どもがいました。
うんうん(^-^)おいしいでしょ!!!です。良かったね〜〜って思いました。
「おいしい〜〜」と綺麗にペロリとたいらげていた子どもの姿もありました。そんな姿を見ていると、自分も笑みがこぼれました。
今日はたくさんの子どもたちがいましたが、そのうちの何人が、おいしい素敵な経験ができたかな?
食べ物の好き嫌いはあります。
でも、初めての食材、食べてみたらとってもおいしかった〜〜ってこと、たくさんあると思います。
好き嫌いをなおすとかじゃなく、あんなものも、こんなものも、こんなふうに食べられるんだ〜〜ってことを、知っていくのは楽しい嬉しいことです。
私は赤目の森にきて、そんな経験をいっぱいさせていただいてます。
そんな経験を、一人でも多くの子どもたちがしてくれたら嬉しいです。
きっと、今日宿泊した子どもたちの中にも、そんなふうに感じてくれた子どももいると思います。
赤目の森に来たときは、里山の自然に触れながら、旬の食材を食べる楽しみもしっかり味わっていただきたいなぁって、すごく思ったNEKOでした。
posted by 赤目の森 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記